本文へ移動

会社案内

ごあいさつ

 近年、天然資源の枯渇問題や採取による自然環境破壊の軽減を図るため、持続可能な社会の実現を目指し、資源環境型社会の構築に向けたリサイクルへの取り組みが加速しています。
各種リサイクル法の制定によりこれらの産業が伸長している中で、一貫して使用済み船舶の鉄、非鉄金属を回収し製鉄所などに売却するリサイクル事業に取り組んできました。
これまでの使用済み船舶のリサイクル事業では、鋼製の船舶は殆どリサイクルされてきましたが、小型、中型のプレジャーボートや漁船などのFRP製廃船は、リサイクル先はもとより、処理先自体がないため漁港、海岸、河川などへの放置や不法投棄増加し、大きな社会的問題となっています。
これらの問題解決のため、国や各種団体、メーカーも処理体制の検討や実験に取り組んではいますが、自動車リサイクル法のような処理体制が整っていないのが現状です。
そのような中、資源循環型社会への移行が進むにつれ、ISOを取得している企業などからは有価物である鋼製の廃船についても、マニフェストを要求されるようになってきています。更に、漁船などのFRP製の廃船についても処理の要望が多くなっており、社会的にも必要性が高くなって来ていることを実感しています。
しかし、これらすべてのものを取り扱うためには、施設設備と廃掃法や建築基準法等の許認可の取得が不可欠となります。そこで、今回、これらを取り扱う法人 として新宝産業株式会社を立ち上げ、鋼製、FRP製を問わず使用済み船舶の受け入れとリサイクルを可能とすることを目的とした施設設備を行う事業を開始させていただくことになりました。
本事業が、資源循環型社会の一助となり、弊社が、使用済み廃船処理の担い手として、広く社会に貢献できるよう努力をしていく覚悟です。

経営理念

 社 訓    適切に、慎重に、確実に、完全に
---------------------------------------------------------------------------
経営理念   現在の我々の地球環境の為に、未来の子供たちの生活環境の為に活動する。
---------------------------------------------------------------------------
行動規範   協力する心、挑戦心
---------------------------------------------------------------------------

経営理念

処理対象物主に廃船(FRP製・鋼製他)
処理品目廃プラスチック類・紙くず・木くず・繊維くず・ゴムくず・金属くず・ ガラスくず・コンクリートくず及び陶器くず・廃油・廃バッテリー
処理方式解体(重機・人手)
処理能力最大48t/日(8時間)
処理方法廃船を重機により解体し、品目ごとに分別する。
設備の概要解体専用重機 など

会社概要

■会社名新宝産業 株式会社
■所在地〒866-0033 熊本県八代市港町277番地
■電話番号0965-37-1707
■FAX番号0965-37-1709
■代表者代表取締役 早田 勇二
■設立年月平成16年2月
■資本金10,000,000円
■業務内容使用済船舶リサイクル事業 (破砕・選別・解体) 産業廃棄物収集運搬 許可番号 第4300116552号

交通アクセス

[住   所] 〒866-0033 熊本県八代市港町277番地
新宝産業 株式会社
〒866-0033
熊本県八代市港町277番地
TEL.0965-37-3171
FAX.0965-37-1709
------------------------------
使用済船舶リサイクル事業
(破砕・選別・解体)
産業廃棄物収集運搬
[許可番号]第4300116552号
------------------------------
0
1
0
5
8
3
TOPへ戻る